wikiの機能アップデートのお知らせ

本ページはwikiの機能アップデートをお知らせするページです。
利用者様の皆様からのご要望を受けてアップデートを実施させていただいております。

ご要望の規模、内容、あるいは技術的な問題から、
全てのご要望にお応えできるわけではないことを悪しからずご了承ください。

※また、wikiの機能アップデートは、アクティブなwikiに対して実施しております。編集、利用者様の書き込みなどがほとんどない非アクティブのwikiに対してはアップデートを実施しておりません。

2024年6月アップデート

google reCAPTCHA v3 を実装いたしました

各wikiにgoogle reCAPTCHA v3 を新たに実装いたしました。
google reCAPTCHA v3とは、ユーザーの行動をAIが解析し、ボットかどうかをスコアリングするシステムです。
従来のreCAPTCHA v2では画像認証などのチャレンジが表示されていましたが、v3ではそれがなくなり、ページ操作を妨げることなくボット判定ができるようになりました。

reCAPTCHA v3は、通常運用時にはオフにしておき、各wikiの状況に応じてwikiru.jp運営がオンに切り替えます。
これにより、平時のユーザビリティを維持しつつ、緊急時のセキュリティ強化を図ることができます。
状況に応じたオンオフ切り替えで、最適なバランスを目指してまいります。

2024年4月アップデート

pcommentプラグインに新オプション「placeholder」を実装いたしました

pcommentプラグインにplaceholderオプションを新たに実装いたしました。
コメントフォームの入力欄に固定のテキストを入れることができるようになります。
 
 
従来のコメントフォームは以下のように表示されておりましたが、

#pcomment(,reply,20)


従来pcomment.png
 
 


 
 
placeholderオプションをつけると、

#pcomment(,reply,20,placeholder=掲示板のルールを確認した上で利用してください。)


新pcomment.png
このように表示することができます。

2024年3月アップデート

svggraphsプラグインを導入いたしました

svggraphsプラグインは、折れ線グラフ、円グラフ、ヒストグラム、グリッドマップ、棒グラフ型メーター、レーダーチャートを描画できるプラグインです。
使い方は、作者様のプラグイン説明ページをご確認ください。

こちらのプラグインはα版とのことで、wikiru.jp運営でデバッグを行ったところ、
グリッドマップとレーダーチャート機能に不具合がございましたので、コードを修正し動作するようにいたしました。

コメント欄NG機能のアップデートを行いました

Image9.png
従来のNGID機能に加え、NGワード機能を追加いたしました。
NGワード機能はご自身がNGワードを指定することで、NGワードが含まれるコメントを不可視にすることができます。
NGワード機能は、以前よりwikiru.jp利用者様から実装を切望されていた機能となりますので、是非ご活用いただければ幸いです。

詳細な説明は、
NGID機能、NGワード機能の使い方ページをご確認ください。

画像クリックでmodalウインドウを表示するようにしました

画像をクリックすると背景が暗くなり、元のサイズの画像が表示されるようになりました。

外部リンクに🌐マークが付くようになりました

外部リンクには🌐マークが付くようになり、内部リンクと外部リンクの区別がつきやすくなりました。

includex、contentsx、navix、lsxプラグインを全サイトに導入しました

includex、contentsx、navix、lsxプラグインは、
一部不具合の影響でサイトを限定して導入しておりましたが、
不具合を修正したため、全サイトに導入いたしました。

editの部分編集ができるようになりました

今までは、GUIeditの部分編集しかできないようになっておりましたが、
GUIedit、editの両方で部分編集ができるようになりました。

GUIeditで部分編集をしたい場合は、guiedit.pngのアイコンをクリック、
editで部分編集をしたい場合は、その横のparaedit.pngのアイコンをクリックしてください。


Last-modified: 2024-06-10 (月) 16:06:42